男の人

秘書代行を利用していつでも安心!|ラクラクビジネスの味方

コスト削減にも

仕事する男女

会社に社員が通勤して仕事をするのであれば、経営者側は勤怠管理をしっかりとする必要があります。これまでの勤怠管理といえば、タイムカードが主流でした。会社についたらすぐにタイムカードの打刻を行ない、出勤してきた時間を記録します。退勤の時も同じように打刻をしてから帰るのです。中には休憩に入るときと休憩から業務に戻るときにも打刻が必要な職場もあるようです。打刻したタイムカードの情報を勤怠の締め日にパソコンに打ち込むという作業がありました。この方法だと、勤怠管理をする人を雇う必要がでてきます。本来の業務とは別の社員を雇うことになるので、手間だけではなく人件費も掛かっていました。しかし、最近ではWeb上で勤怠管理が出来るシステムが需要を伸ばしてきています。

勤怠管理システムは、タブレットやパソコンを使用して勤怠情報を自動で管理してくれる仕組みとなっています。始めからシステムを使って出勤や退勤時間の打刻をするので、タイムカードの情報からパソコンにデータを移す手間が省けるのです。また、勤怠管理をする人を雇う必要もなくなり、その分の人件費を浮かすことが出来ます。会社側にとってもとても有益なことですので、このシステムを取り入れている企業は年々増えてきています。ここで心配なのが、費用の問題です。Web上で使用するシステムと聞くと初期費用や維持費にたくさんのお金が掛かるのではないかと不安に感じる場合もあるでしょう。しかし、最近ではクラウド型の勤怠管理システムもあり、クラウド型であれば職場のネット環境が整ってさえいれば初期費用も維持費も両方とも抑えることが可能になります。